ウーマン

不要な厨房機器をリサイクル|買取業者を利用するメリットとは

プラスチック類の処分

作業員

リサイクルで資源の再利用

プラスチックは、現代社会においては無くてはならない有用な材料ですが、その原料は石油などの有限な天然炭素資源です。不要となったプラスチック製品、プラスチックくず、合成ゴム、ビニールなど、いわゆる「廃プラ」は、以前はすべて焼却または埋立てにより処分されていました。しかし、資源の有効利用や環境保全の観点から、近年は排出される廃プラの大部分がリサイクル処理により有効に再利用されるようになっています。事業所などから排出される廃プラを処分する場合、買取業者などに委託してリサイクル処理することで、資源の消費抑制および環境負荷の低減に貢献できるだけでなく、有価物として引き取ってもらえるので、自社の産業廃棄物処理コストの削減を図ることができます。業者に頼ることなく自社で運搬するためには、特に事業許可などは必要ありませんが、自社トラックの保有や所定の手続きが必要になりますし、廃棄するにしてもリサイクルするにしても、廃プラスチック処理に係る事業許可および専用設備の保有が条件です。廃プラの引取りは、一般の不用品回収業者またはプラスチック専門の買取業者で取り扱っていますが、自らプラスチックの処理設備を保有し、プラスチック原料やプラスチック製品を製造している会社の方が比較的高い価格で買取りしています。買取りの対象となる廃プラの種類およびその単価は、業者によって異なるので、複数社の見積もりを徴取して比較検討するのがいいでしょう。